通院中や薬服用中の脱毛


main_top
今すぐチェック

通院中や薬服用中でも脱毛は可能?

病院に通院中や薬を服用中の場合、脱毛できないこともあるので注意が必要です。

《脱毛できない病気》

(皮膚系疾患)光線過敏症・光アレルギー・ケロイド体質・パジェット病・色素斑など

(内科系疾患)てんかん・バセドウ病・肝臓病・重度の糖尿病・狭心症・心筋梗塞など

《服用中は脱毛できない薬》

・抗うつ薬や精神安定剤

・抗ヒスタミン配合薬

・抗生物質配合薬

・ステロイド配合薬

具体的に言えば、うつ病・血圧・風邪・花粉症・鼻炎・喘息・アレルギーなどの薬になります。

病院からの薬だけでなく、市販薬でも脱毛できないものがあるので注意しましょう。

サロンによっては脱毛できる場合もあるのでまずは相談してみよう

一般的に脱毛できないと言われている病気を挙げてみましたが、必ずしも施術できないとは限りません。

病気の症状や服用している薬などによっては脱毛できる場合もあります。

例えば、光アレルギーの場合、光により脱毛していくフラッシュ脱毛のサロンでは施術を断られてしますでしょう。

しかし、水戸市で人気ランキング1位のTBCでは、光を使わないニードル脱毛があるので施術可能となります。

また、同じ脱毛方法でも、使用している機器の性能なども変わってくるので、それぞれのサロンごとにより施術できる・できないと分かってくることもあります。

まずはかかりつけの医師に確認した上で、サロンへ相談してみましょう。

水戸市で人気第1位のTBCにはお客様サポート窓口があり、電話代も無料で相談することができます。

第2位のミュゼプラチナムでは、ネットから簡単に問い合わせが可能な上、回答もメールとなっているので、気軽に相談しやすくなっています。

事前に相談しておけば、カウンセリングに行ったが断られるということもないので、おすすめです。

記述や質問には嘘なく正しく

最初のカウンセリングや問診票にて、病気についての質問があります。

脱毛したいからと嘘をつくのだけはやめましょう。

肌トラブルが起こってしまったり、病気を悪化させるようなことがあっては、脱毛どころではありません。

正しく申告し、安心して脱毛を受けていきましょうね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 水戸市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.