脱毛とほくろの関係


main_top
今すぐチェック

脱毛を受ける際のほくろの弊害

脱毛を受ける際にほくろは影響がある?

脱毛サロンで施術を受ける際、肌状態が健康かどうか、というのは大きなポイントになります。

ですが、中には健康なお肌ではあるものの、ほくろがある、という方もいらっしゃいます。

このほくろは、脱毛を受ける際に影響するのでしょうか?

これは、ほくろの状態にもよると言えます。

よく見ないと分からないような、ごく小さいほくろであれば、そこまで影響を受けることなく施術できる可能性はあります。

ですが、色が濃く大きなほくろであれば、そこを避けての施術となります。

その場合には保護テープなどを貼り、施術を受けることができるので安心してください。

ただし、保護テープの部分には脱毛効果が得られないので、不自然に取り残すことになってしまいます。

このようなほくろの脱毛に関しては、メラニン色素が影響しないニードル脱毛によって可能な場合もあります。

安全性を考慮し、クリニックなどで相談してみても良いですね。

もし、ほくろにフラッシュ脱毛を行ってしまった場合にどうなるか、ですが、メラニン色素に反応するフラッシュ脱毛の場合には、エネルギーが集中して火傷を起こすリスクがあります。

そのため、安全性を考慮して、ここを避けての施術となるわけです。

どうしてもフラッシュ脱毛でほくろ部分まで施術を受けたいというのであれば、事前にこれを取り除く処置をしても良いでしょう。

医療機関で受けるレーザー治療により、比較的簡単に除去することができますので、まずはここからキレイにしてしまえば、脱毛後の肌がさらにキレイになりますね。

ムダ毛と同じく、大きなほくろも、多くの方がコンプレックスに感じている物の1つです。

脱毛を考える機会に、これも思い切って除去してしまえば、さらに自分に自信が持てるようになるかもしれません。

ただし、除去を行った場合には、その後の脱毛の可否について担当医によく相談しておくことも大切です。

安心して脱毛を受けるために、こういった点はしっかり確認をしておきましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 水戸市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.